本文へスキップ

ようこそ眼科梶田塾のページへ

ナビゲーション

梶田眼科は大口眼科に承継されました

大口眼科のホームページはこちら>>

最新のトピックス

2024年4月25日(木曜日)NHK「あしたが変わるトリセツショー」の テーマは極上のメガネでした。 元梶田眼科のスタッフと調節機能解析装置、塾長も出演しました。
極上のメガネを手に入れるためには、メガネを処方する者とメガネを使用する者の両方が個人ごとに異なる眼の特性とメガネレンズの特性を熟知している必要があります。
眼鏡は文明が生み出した道具のひとつです。手に入れたからと言ってすぐに快適に使える道具ではありません。裸足で歩き始めた幼児が、靴下を履いたとたんに転びやすく、いやがります。しばらくすると板の間でも冷たくないので快適さに気づきます。さらに、靴を履いてみるとバランスを崩してしまい、うまく歩けません。これも慣れてしまえば石ころの上でも痛くなく快適に歩けるようになり、もはや靴を履くことを特別なことには感じなくなります。
眼鏡も同じように、慣れて自分の体の一部と感じるようになったときに初めて快適に使用できるようになります。そして、足と歩く場所に合った靴が快適なように、眼と視環境に合わせた眼鏡が快適なのです。
眼と眼鏡の特性を正しく理解するために、「人生が変わるコンタクトレンズ・メガネ選び」をご一読下さい。 誰でも極上のメガネを手に入れることができます。
もちろん、極上のメガネは「眼科医の処方と眼鏡店のコラボ」で完成することを忘れないで下さい。

===============================
眼精疲労の患者さん「 スマホ老眼やスマホ斜視」が増加し続けています。。多くの方がドライアイと思っておられる症状は、実は眼の疲労による乾燥感の事が圧倒的に多く、眼鏡やコンタクトレンズの種類や度数を見直すことで、ドライアイ用の目薬が不要になることも少なくありません。
また、眼窩プリーの萎縮による複視「 サギングアイ症候群(Sagging Eye Syndrome)」も増加しています。我慢しないで早急に対応されることをお勧めします。

===============================
2023年に、Amazon出版で「人生が変わるコンタクトレンズ・メガネ選び」を出版しました。自分が 近視であることに引け目を感じている方や、お子さんの 近視進行でお悩みの方に必読の一冊です。また、慢性の肩こり持続する眼精疲労を患っている方も解決の糸口が見つかることと思います。
自分の眼とうまく付き合うためには、自分の眼の特性を正しく知っている必要があります。時代と共に変わる生活環境に適した極上のメガネを手に入れて、快適で楽しい生活を送っていただきたいと思います。
                  塾長 梶田雅義

眼科梶田塾